あなたの背中をそっと押してくれるブログ

インナーマッスルを鍛えるメリットとは?肩のインナーマッスルの鍛え方とは?

インナーマッスルを鍛えるメリットとは?肩のインナーマッスルの鍛え方とは?

今回は理学療法でも実際に行う、インナーマッスルの筋トレについて紹介していきたいと思います。

今回紹介するのは肩のインナーマッスルと言われる棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋の筋肉4つです!

インナーマッスルなので鍛えても、筋トレをしても見た目としては大きく変わることはないです。

しかしインナーマッスルを鍛えるメリットとしては肩を安定させたり、腕の動きなどに関係する重要な役割を担っている筋肉なので、是非とも肩のインナーマッスルを鍛えてほしいと思います。

特に肩や腕を使うスポーツをやってる方は必須ですね!!

またインナーマッスルは鍛えてないと、怪我などにも繋がります。

怪我防止につながるのもインナーマッスルを鍛える大きなメリットですね。

今回の筋トレでは理学療法の場でも実際に使われるセラバンドといわれるものを使用します。

色々な筋トレに使える上に、値段もそこまで高くないので持っておいて損はないです!

目次

棘上筋

画像

画像の通り、腕を横から上に上げる運動です。

反対側は何かに引っ掛けるか、足で踏むなどしておきましょう!

気をつける点としては、45度ぐらいまでを目安としてあげること。

45度を超えると違う筋肉が働いてくるので、45度程度を意識して行いましょう。

もしセラバンドでなく、家にある重りなどを使用する場合は3kg程度のものを使用してください!

特に棘上筋は怪我をしやすいインナーマッスルなので、しっかりと筋トレをするのをおすすめします。

棘下筋

画像

小円筋の筋トレは画像のように、肘を90度曲げ、そのまま外側へと引っ張る筋トレです。

気をつける点としては、脇が開かないようにすることです。

脇が開くと別の筋肉が働きやすくなり、インナーマッスルである棘下筋の筋トレではなくなるのでご注意を。

脇にタオルなどを挟んで脇が開かないように意識して筋トレを行うのもいいですね!

しっかりと固定できる場所にくくりつけないと危険なので気を付けてください。

小円筋

画像

これは先ほどの棘下筋と同じ動きをするのですが、肩の高さまで腕を上げた状態でやることです。

棘下筋とは別の筋トレであるということを意識しながら行いましょう。

筋トレは動画やサイトなどを見てなんとなくでやっている方も多いかと思いますが、今自分がどこの筋肉を筋トレしているのかを意識するのがおすすめです。

ずっと腕を上げてるのがしんどい場合は台の上に腕を置くなどしてやるのがオススメです。

肩甲下筋

画像

こちらは腕を下ろした状態で、肘を90度曲げ、手をお腹につけるように動かす筋トレです。

先ほどの棘下筋と逆の動きですね!

気をつけることとしては、あまり大きな範囲でやらないこと。

これも大きな範囲でやるとまた違う筋肉が働いてきてしまい、インナーマッスルである肩甲下筋の筋トレではなくなります。

腕がまっすぐ前を向いた状態から始めるのではなく、少しおなか側に近いところから始めましょう。

インナーマッスルを鍛えるメリットとは?肩のインナーマッスルの鍛え方のまとめ

今回は肩のインナーマッスルの筋トレについて紹介させていただきました。

インナーマッスルを鍛えるメリットとしては、怪我をしにくい、肩が安定するなどが挙げられます。

今回紹介した4つの筋肉は、ローテーターカフとも呼ばれるので、もしどこの筋肉鍛えてるの?と言われたらローテーターカフだよと言ってあげてください(笑)

このセラバンドというのは病院でも実際に使われている便利な道具なので、みなさんもぜひ使ってみてくださいね!

未来の自分のためにも、今から筋トレを始めてみてはいかがですか?

目次