あなたの背中をそっと押してくれるブログ

ラグビーに必要な筋肉は?どういった筋トレが有効なのか?

ラグビーに必要な筋肉は?どういった筋トレが有効なのか?

2019年、日本でのラグビーワールドカップが行われ今熱いラグビー。

これからラグビーを始めようとラグビーワールドカップを見て思った方もいるのではないでしょうか?

でもラグビーをやりたいと思ってもどういった筋トレをすればいいのかわからないと思います。

テレビで見たラグビー選手のようになりたいですよね?

ラグビーに必要な筋肉はなんなのか?そのために必要な筋トレも紹介していきます。

目次

ラグビーに必要な筋肉は?

画像

ラグビーは体全体の筋肉が必要なスポーツです。

でももう少し細かく教えてほしいという人の為に、ラグビーで特に大切になるのが抗重力筋と大胸筋です。

抗重力筋とはその名の通り、重力に逆らうための筋肉です。

抗重力筋はラグビーだけでなくどのスポーツでも大切になるのですが、走る、投げる、蹴る、さらにはタックルと多くの動作が必要なラグビーではさらに重要度が増します。

抗重力筋や鍛え方についてはこちらで詳しく述べているので参考にしてみてください。

あわせて読みたい
正しい姿勢を保つために鍛えるべき筋肉は?
正しい姿勢を保つために鍛えるべき筋肉は?身体中の筋肉全部使わないでください!と言われたら、そんなことは可能だと思いますか?実は地球上にいる限りそれは不可能なんです。私たちが住んでいる地球というのは...

もう一つ、ラグビーで大切な筋肉が大胸筋です。

大胸筋というのはちょうど胸のところにある筋肉ですね。

これはタックルで相手を押す際に必要になる筋肉なので、ラグビーならではの筋肉かもしれません。

ラグビーの醍醐味である強力なタックルができるようになるためにはこの大胸筋を鍛える筋トレが必要になります。

ラグビーに必要な大胸筋の筋トレ

画像

では大胸筋の筋トレとはどのようなものがあるのでしょうか?

一番有名な筋トレとしてはプッシュアップが挙げられます。

プッシュアップとはいわゆる腕立て伏せですね。

上腕三頭筋も同時に鍛えることができるので、ラグビーをやるならプッシュアップで大胸筋を鍛えるのがおすすめです。

しかしプッシュアップでは大胸筋の外側しかきたえることはできません。

少し負荷は大きくなりますが、本気でラグビーをやるための筋肉を付けたいならダンベルプルオーバーがおすすめです。

ダンベルプルオーバーでは大胸筋の上部・下部・内側・外側のすべてを効果的に鍛えることができます。

またダンベルプルオーバーでは大胸筋だけでなく、広背筋といった背中の筋トレにもなるので一気にたくさんの筋肉を鍛えたい方にもおすすめです。

ダンベルプルオーバーのやり方はこちらの動画参考にしてみてください。

ダンベルプルオーバーは名前の通り、ダンベルが必要になってきます。

ダンベルはいろいろな筋トレにも使えるので、一つ持っておくのをおすすめします。

こちらの商品はダンベルだけでなく、バーベルとしても使うことができるので一つだけ持っていればなんでもできます。

ラグビーに必要な筋肉は?どういった筋トレが有効なのかのまとめ

今回はラグビーに必要な筋肉、そして筋トレ方法を紹介しました。

ラグビーに必要になるラグビーならではの筋肉は大胸筋です。

筋トレをしようと思っても鍛えるのは腹筋や腕の筋肉ばかりで胸の筋肉を鍛えようと思う機会はなかなかないかもしれません。

今回のラグビーワールドカップで、多くの方がラグビーをやってみたいと思い、大胸筋鍛える方が急増するかもしれませんね。

ラグビーワールドカップで、ラグビーに興味を持つ方がたくさん増えたらいいなと思います。

みんなで大胸筋の筋トレ始めていきましょう!

目次