あなたの背中をそっと押してくれるブログ

【保存版】自発的に行動を変える!行動変容とは?

今回は自発的に自分の行動を変える、行動変容について紹介したいと思います。

ブログを始めて収益を出したい!ダイエットして痩せないといけない!と目標があるならば行動変容を理解し、自ら行動を変えていただかないといけません。

理解しているのとしていないとでは、自分の行動を変えることはなかなかできません。

今回はしっかり、行動変容について理解していきましょう!

目次

自発的に行動を変える!行動変容とは?

画像

行動変容とは従来の生活パターンから自発的に行動パターンを変えることであり、「人々が自らの健康をコントロールする」ためのプロセスである

公衆衛生が見える2016-2017年より引用

つまり、行動変容とは自分自身で普段の生活の行動を変えていくということですね。

特に生活習慣病というのはその人自身が生活を改善しないことには良くならないので、自分自身で行動を変えることが必要です。

もちろん病気だけでなく、勉強であったり、仕事であったり、絶対に成し遂げたいことがあるときにもこの行動変容は必要となります。

行動変容は

  • 無関心期
  • 関心期
  • 準備期
  • 実行期
  • 維持期

の5つに行動変容は分かれます。

それぞれ説明していきます。

無関心期

画像

無関心期は6ヶ月以内に行動を起こす気がない時期のことを言います。

名前の通り、関心がなくやる気が一切ない時期ですね。

まずはこの時期を脱することが大切になります。

この時期を脱するためのぐ方法としては、知識や情報の提供、問題点の指摘などがあります。

今やいろんな情報が簡単に手に入る時代です。

しっかりと情報を自分で取捨選択し、それに関心を持つところから始めましょう。

また自分の考えが必ずあっていると思わず、他人から意見をもらうことも重要です。

問題点を他人に指摘してもらい、積極的に意見をもらいましょう。

関心期

画像

関心期は6ヶ月以内に具体的に行動しようとする意思がある時期のことを言います。

今しんどくてもこれをやるべきか、それとも楽な道を選ぶかと天秤にかける時期ですね。

支援方法としては、動機付けを行うことです。

これをすればこんないいことがあるよとそれをやるメリットやデメリットをはっきりとさせておくことが重要です

動機は自分自身で見つけるのが一番ですが、他人から教えてもらうのもいいですね。

そのときはその情報が怪しくないか自分自身で判断しないといけません。

この時期は特にメリットをたくさん見つけて、行動に移していきましょう。

準備期

画像

準備機は1ヶ月以内に具体的な行動を起こす意思がある時期のことを言います。

先ほどよりもすぐにでも行動しようとしている状態ですね。

ここまでくることができれば素晴らしいですね!

支援方法としては行動するための案や、目標設定などを行うこと。

まずはこれをやって、次にこれをやろうと決めることが重要です。

何kg痩せるや、何円稼ぐなど具体的な目標を決めるのも有効ですね。

私はできるだけTwitterなどで目標をつぶやくようにしています。

最終的なゴールだけでなく、いくつか段階的に小さなゴールを設定するのも有効です。

例:最終目標20kg痩せる 今週の目標1kg痩せる

この小さなゴールの積み重ねがモチベーションアップにもつながるので、私はほぼ毎日今日はこれを達成すると朝に決めるようにしています。

実行期

画像

実行期は実際に行動に取り組んでいる時期(6ヶ月以内)のことを言います。

実際に始めたが、まだ6ヶ月続いていない時期のことです。

ここからどれだけ続けられるかが重要です。

支援方法としては、意欲強化と報酬づけなどです。

痩せたらモテる、副業で稼いだら仕事をやめて好きなことをして生きれるなど、報酬づけをすることでこの6ヶ月を越えることが重要です。

この実行期は大きな成果を出せる人と出せない人に分かれます。

大きな成果が出ないと次の維持期まで継続できないことも多いです。

これを維持期まで移していけるかが一番の難関ですね。

維持期

画像

維持期は行動を6ヶ月以上続けている時期のことを言います。

何をやっているかによりますが、維持期までくれば、少しずつ何かしらの結果がついてくるということが多いと言われています。

支援方法としては、実行のための障害や問題を取り除くです。

6ヶ月も続けていると、続けるための問題などがいくつも出てきます。

例えば時間がないだとか、同じことの繰り返しに飽きてきたとかですね。

それらをどれだけ取り除くことができるかが、この維持期は大切です。

維持期の後は、行動を辞めてしまうか目標を達成するの2つに分かれます。

行動を辞めてしまった場合は時間がたつと、元の状態に戻ってしまいます。

いくつか例外もあります。

筋肉は記憶力がいいので、一度つけた筋肉は筋トレを辞めてしまっても、もう一度筋トレをすれば戻りやすいという性質があります。

またブログであれば、一度辞めてしまったとしても今まで頑張ってきたものは残ります。

諦めやすいというのが、良いことなのか悪いことなのかは人によって違うかもしれませんが、こういうもので行動変容を起こすのも良いかもしれませんね。

行動変容についてのまとめ

画像

今回は行動変容についてお話しさせていただきました。

どの業界でも大切な考え方ですね。

なにかをやろうと考えている方はすでに関心期、準備期に入っています。

それを実行期に移すというのはとても難しいことだと思います。

何かを見たりしても、実際に実行に移せる人は数%とも言われていますね。

その中で維持期まで入れている方は自分に自信を持ってください。

目標達成を目指し、これからも維持期目指して頑張ってくださいね。

目標設定の仕方はこちらの記事で紹介していますので興味のある方は読んでみてください。

みなさんもこの記事を読んだら、まずは実行し、自分の行動を変えていってはいかがですか?

コメント

コメントする

目次
閉じる