あなたの背中をそっと押してくれるブログ

Twitterの収益化の仕組みとは?Twitterでお金を稼ぐ方法のまとめ

みなさんはTwitterで収益化ができることを知っていますか?

もちろん楽しむためにTwitterをやるというのも素敵な目的ですが、現在ビジネスツールとしてTwitterを使い、収益化している方も増えてきています。

Twitterで収益化をする仕組みと言っても、実はいくつか方法があります。

  • ブログ記事、Youtubeへの誘導
  • note×Twitter
  • スポンサー制度
  • 運用代行
  • コンサル制度
  • LINE@へ誘導

今回はこれらのTwitter収益化の方法について、紹介していきたいと思います。

目次

ブログ記事、Youtubeへの誘導

Twitter Youtube

ブログ・YoutubeをやるならTwitterは必ずやった方がいいです!!

それぐらい、Twitterとブログ・Youtubeの親和性は高いです。

最近のブログは企業などが上位表示されるようになり、個人のブログはなかなか読んでもらえません。

しかしTwitterでなら、1万人のフォロワーがいれば1万人にみてもらえる可能性があるわけです。

SEOを意識して書くよりも、フォロワーさんが読みたくなる記事を書いているって方もいらっしゃるくらいです。

Twitter自体で収益化するわけではないですが、一番わかりやすく多くの方がやっている方法ですね。

note×Twitter

Twitter note

最近は昔のnote全盛期に比べると減ってきた印象はありますが、それでもまだまだやっている方が多いです。

noteというのは、書いた記事を自分で値段設定して売ることができるものと思っていただけたらいいです。

フォロワーが多い方は、どうやってフォロワーを増やしたのかといったノウハウなどをまとめて売っている方が多いですね。

値段設定も100円の方もいらっしゃれば、1万円など高額で売っている方もいらっしゃいます。

ただ、レベルの高いnoteを無料で出すという風潮ができた時期があり、それから少しTwitterでのnote販売は減った印象があります。

質の高いnoteをしっかりと宣伝すればまだまだやっていけますよ!

スポンサー制度

Twitter 収益化

Twitterをやっていると聞いたことがあるかもしれませんが、Twitter内でもスポンサー制度というものがあります。

これはTwitterのみで収益化することができる方法ですね。

しょーこのアイコン画像しょーこ

色んな方にツイートを見てもらいたい!!

という方が、たくさんフォロワーがいる方にRTしてもらうというのが一般的なスポンサー制度です。

他にもプロフィールに名前を載せてもらったり、スポンサーを紹介するためのツイートをしたりなどする場合もありますね。

全ツイートをRTしますという方もいれば、一日3ツイートまでですといった方もいて、人によって内容が変わってきます。

もしスポンサー制度でお金を稼ぎたいと思っているなら、周りとはちょっと違う方法をとってみるというのも差別化としていいかもしれません。

運用代行

Twitter 収益

Twitterを普通にやっていると見かけないかもしれませんが、このアカウントのツイートを全てやってもらう代わりに報酬を支払いますといった仕事もあります。

ツイート内容はもちろん、フォローはするのか、リプはどうするのか?など色々な部分まで考えないといけないため収益としては高くなっている物が多いです。

しかし簡単にできるものではないため、今までTwitterでこういう実績がありますといった内容が提示できないとまずお仕事をいただけないことも多いです。

私は一度だけお願いされたことがありますが、1か月1万円とそれなりでしたが、一日5ツイート+自分の得意でない専門的な内容のツイートのお願いだったので断らせていただきました。

結構相手側からのお願いも多くなりやすい仕事なので、紹介した中では難しい部類になると思います。

コンサル制度

Twitter 収益化 仕組み

Twitterの運用方法やその他何か自分の得意な内容でコンサルするといった方法もあります。

Twitter運用のコンサルではフォロワーが〇〇人になるまでなどやって終わりじゃなくて、結果が出るまでずっと付き合いますよといった内容が多いのが特徴です。

逆に言えば結果が出なければ評判が下がるのはもちろん、ずっとコンサルし続ける必要があるため、必ず結果が出せるというそれなりの自信がないとなかなかできないですね。

なので実績作りの為に、無料でコンサルやりますといった方も多いように思えます。

私も昔無料でTwitter運用のコンサルをやって、フォロワー1000人までコンサル生を超えさせることに成功した後、コンサル生にフォローを外されたという過去を持っています(笑)

この人のコンサル受けたい!!ってレベルまでもっていくのはなかなか難しいかなと思うので、運用代行と同じく難しい収益化の方法だと思います。

LINE@へ誘導

Twitter LINE

こちらは最近特に増えてきた、Twitter収益化の方法かと思います。

Twitterでは話さない内容を話します!といった感じで、LINE@に誘導する感じですね。

少し前までは、大量に作られたビジネスアカウントなどがLINE@に誘導するといいうのが多く、あまりみなさんLINE@に良い印象を持っていなかったようなのですが、最近はLINE@に誘導する方が増えてきている感じがします。

変なビジネスアカウントが減ったことや、質の高いLINE@を運営する方が増えてきたのだと思います。

LINE@って有名人がやるものでしょう?と思っている方も多いかもしれませんが、最近個人のLINE@もどんどん増えてきているので、始めるなら今がおすすめですね。

Twitterの収益化の仕組みついてのまとめ

今回はTwitterで収益化をする方法について紹介させていただきました。

Twitter初心者におすすめの収益化方法

・ブログ・Youtubeへの誘導
・note×Twitter
・LINE@へ誘導

Twitter上級者におすすめの収益化方法

・スポンサー制度
・運用代行
・コンサル制度

もちろん、Twitter始めたばかりでもスポンサーを募集している方もいらっしゃるので完全にこの通りにする必要はありませんが、参考にしていただけると嬉しいです。

またTwitter上級者の定義が結構難しいところではありますが、フォロワーが3000人突破したぐらいからスポンサーを募集し始める方がでてくるかなといった感じです。

運用代行などは、5000人いますぐらいの実績がないとなかなか難しいですね。

自分にあったTwitter収益化の方法を見つけていただけたらと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる