あなたの背中をそっと押してくれるブログ

ワイヤレスイヤホンの通話性能を確かめるにはLINEテスト通話がおすすめ!

ワイヤレスイヤホンを購入したのはいいものの、ちゃんと通話できるか不安な時ってありますよね。

有線やAirpodsのようなうどん型ならマイクが口元の近くにあるので相手にしっかり声が届くことが多いですが、最近の完全ワイヤレスイヤホンはマイクが耳元にあるため、相手に声が届きにくいなんてことも結構あったりします。

新しいイヤホンで音楽聴いてるときに、大切な電話がもし入ってきたらなどと思うとなかなかイヤホン使ってられないですよね。

そんな時に是非使ってほしいのが、LINEテスト通話の機能です。

名前の通り、自分でイヤホン越しにテスト通話をして、どのようにして相手に聞こえているのか自分自身で聞くことができる機能です。

目次

LINEテスト通話のやり方

まずはテストしたいイヤホンを携帯と接続してください。

その後LINEのホーム画面を開いて、左上の歯車マークをタップして設定を開きます。

イヤホン 通話性能

次は下の方にある通話をタップします。

LINEテスト通話 イヤホン

ここにテスト通話という項目があるので、これを押すと通話は録音されますよといった注意書きが出るので、OKを押すとLINEのテスト通話がすぐに始まります。

LINEテスト通話

初めに音声で簡単なLINEテスト通話のやり方が説明され、その後発信音が鳴ったら10秒間好きなように喋ってください。

その後、また発信音が鳴ったら終了です。

そのまま、自分がイヤホンを通して喋った声がイヤホンから聞こえてくるはずです。

この時聞こえてくる声が、通話の際に相手に実際に聞こえている音量となるわけです。

実際によく電話をする環境でLINEテスト通話をするとより再現性が高くなります。

私の場合は外で使うことが多いので、少し恥ずかしさはありますが新しいイヤホンを買った時は外で試すようにしてます。

ある程度使えるなとLINEテスト通話で確認出来たら、実際に仲のいい友達とかで喋ってみてどうなのかまで確認してイヤホンの通話性能は完全に確認できます。

完全ワイヤレスイヤホンの通話は実際どうなのか?

耳元でつけるタイプの完全ワイヤレスイヤホンを2種類、うどん型を1つ持っています。

うどん型で声が小さい、聞き取りづらいと言われたことはありません。

耳元でつけるタイプは一つは声が小さい、もう一つは聞こえるが周りの環境音も取り込みやすいためうるさいと言われてしまいました。

マイクが離れているため声が聴きとりづらい、でもマイクの感度を上げれば他の音も拾ってしまうといったわけですね。

うどん型は親にあげてしまったため、現在通話をするとあらかじめわかっているときはヘッドホンを使って会話をしています。

こちらはワイヤレスヘッドホンですが、値段も5000円以内、さらに通話の際はノイズキャンセリングで周りの音も相手に聞こえづらくしてくれるという機能付きです。

少し手間ではありますが、完全ワイヤレスイヤホンを使っている際に電話が来たときはイヤホンを切って電話に出るといった方法をとっています。

残念ながら今持っているワイヤレスイヤホンでは大切な会話をするときなどには使わないようにしています。

今後もし会話でも使いやすくて、音質もいい完全ワイヤレスイヤホンを手に入れたらレビューさせていただこうと思います。

コメント

コメントする

目次
閉じる