あなたの背中をそっと押してくれるブログ

理学療法士の国試対策のおすすめの本を紹介!何冊あればいいの?

大学にもよると思いますが、国家試験対策を始めだす時期になってきました。

今年用の国家試験対策本もたくさん出ていますね。

ただ国家試験対策の本は多すぎて、どれを選べばいいのかわからない方も多いはず。

そこで今回は私が使っているおすすめの国家試験対策本を紹介したいと思います。

目次

理学療法士・作業療法士国家試験必修ポイント 専門基礎分野 基礎医学 2020

まず理学療法士の国家試験を受けるにあたって、何点満点なのか?何点取れば合格なのか?など知っているようで知らないことも多いのでは?

この必修ポイントでは、受験者数や合格率、過去の問題の傾向からまず教えてくれるので効率的な勉強法で進めることができます。

とりあえず1冊は持っておいて損はないと思います。

解説も過去問の正誤の解説から始まり、その後図や表を使って細かく説明してくださっています。

また購入者には特典として、スマホなどで読める電子版、オンラインテストもついてきます。

国試対策の本って結構持ち運びには不便なので、スマホなどでサッと見れるというのは強みです。

問題の傾向の部分が特に詳しい1冊なので、こういう風に勉強していこうかなとプランを立てていくためにまずはこの1冊から始めてみるのおすすめです。

欠点としては合計4冊と他の参考書と比べると冊数が多い点ですね。

クエスチョン・バンク 理学療法士 国家試験問題解説 2020

一番有名な国試対策本と言えばこのクエスチョン・バンクかなと思います。

他の本に比べると大きく持ち運びとしては少し不便に感じるかもしれませんが、2冊だけなので結局は他の参考書シリーズと変わらないかなと思います。

基本的に1ページに1問で進んでいき、結構細かく説明されている1冊になっていると思います。

この問題はどういうところを問いたいのかという作成者の意図まで考えられているので、ここが大事なんだなと問題の理解もしやすくなっています。

できるだけ多くの問題を少なめの冊数で網羅したい場合はクエスチョンバンクがおすすめです。

ただ欠点として、練習問題がついていないので、自身で練習問題を用意する必要があります。

【送料無料】 クエスチョン・バンク 理学療法士・作業療法士国家試験問題解説2020 共通問題 / 医療情報科学研究所 【本】

PT・OT国家試験共通問題 でるもん・でたもん

過去問を解く⇒解説を読んで理解する⇒単元の最後におさらいすると記憶定着を効率よく行える参考書になっています。

参考書の多くは過去5年分の過去問から作っているのに対し、でるもん・でたもんでは過去10年分の問題から作られている参考書です。

ただ前述した参考書とは違い、毎年出るタイプの参考書ではないところには注意です。

もちろん基本的なところに変わりはないので大きく困ることはありませんが、去年の問題が載っているわけではないことだけは覚えておきましょう。

個人的にはサッとノート感覚で開けたり、各単元ごとのまとめチェックリストでサッと単元の復習ができるのでおすすめしたい1冊です。

国試の達人

有名どころの1冊なので紹介はさせていただきますが、個人的にはあまりおすすめしません。

内容としてはわかりやすくまとまっているのですが、情報量が少ないと個人的に感じます。

まずは最低限の知識からしっかりとやっておきたいなどという場合にはおすすめできます。

結構多めに試し読みができるようになっているので、どんな内容なのかなと気になる方は公式サイトを覗いてみましょう。

また練習問題は他の参考書に比べると多いので、練習問題をたくさん解きたいという方にはお勧めできます。

教科書類

国試は教科書レベルの問題で構成されています。

過去問解いていると、たまーにですが参考書に載っていない問題などがあると教科書類で調べる必要があるわけです。

とくにわかりやすくておすすめの教科書は病気が見えるシリーズです。

イラストが多用されており、文字だらけの教科書類と違って理解しやすいのが特徴です。

ただ全てのシリーズをそろえようとすると結構な数になってしまうので

  • 自分の苦手な単元だけ購入する
  • 大学の図書館などを利用する

などして上手く使っていきましょう。

created by Rinker
¥4,290 (2020/09/20 23:22:03時点 楽天市場調べ-詳細)

結局どの参考書を購入すればいいのか?

  • 必修ポイント
  • クエスチョンバンク
  • でるもん・でたもん
  • 国試の達人
  • 病気が見える

を今回は紹介させていただきました。

どの国試対策本を買えばいいの?となりそうですが、私としては数冊は持っておくというのが正解だと思っています。

○○ではここまでしか説明されていないけど、△△ではさらに詳しい説明が載っているなんてこともよくあります。

そのため、一つの過去問に対してもいくつかの参考書から知識を得ることでより深いところまで学習できます。

でもどうしても1冊まずどれから買えばいいのか?となると、必修ポイントを私なら選びます。

スマホで見れる点、問題の傾向、オンラインテストなど1冊でできることが多い点が素晴らしいですね。

必ず国試に合格できるよう、一緒に頑張っていきましょう!!

コメント

コメントする

目次
閉じる