あなたの背中をそっと押してくれるブログ

おうち時間におすすめ!完全ワイヤレスイヤホンMS-TW3を徹底レビュー

おうち時間を過ごすことが多い今、音楽を聴く機会も増えてきていると思います。

またリモートワークやオンラインでの講義も増えて、「イヤホン」を使う機会が一気に増えたのではないでしょうか?

そんなあなたに今回は音楽を聴くのも、オンラインでの会話にも使えるM-SOUNDSの完全ワイヤレスイヤホン、MS-TW3を紹介させていただきたいと思います。

  • 低音よりの迫力のある音
  • 装着感がとても良い
  • タッチセンサー対応
  • バッテリー長時間
  • 防水機能が素晴らしい
  • 会話も聞きやすいし伝わりやすい
目次

MS-TW3の外観

ms-tw3 完全ワイヤレスイヤホン

MS-TW3の外箱は高級感のあるかっこいい箱で届きました。

外から中のイヤホンが見える箱っていうのもなかなかなくて斬新ですね。

ms-tw3 白色

イヤホンケースはマット感があり、高級感があります。

ここらへんは安物のワイヤレスイヤホンとは違いますね。

サイズ感も小さく、持ち運びやすいです。

ms-tw3 外観

イヤホン本体は小さめで約5.6gと軽く、耳に長時間つけていても疲れにくいです。

デザインは人それぞれ好みがあると思いますが、私は好きです。

MS-TW3の付属品はこんな感じ

ms-tw3 SpinFit
付属品

説明書

イヤーピース 標準 S,M,L
SpinFit S,M,L

micro-USB充電ケーブル

特にSpinFitのイヤーピースはイヤホン界隈でも有名な評価の高いイヤーピースで、私自身も愛用しています。

クイックスタートガイドを読めばすぐにでも携帯につないで音楽を聴くことができます。

MS-TW3の音質

まずはイヤホンで最も大切な音質についてです。

MS-TW3の対応コーデックはSBC、AAC、aptXでiPhone、androidどちらでも高音質で聞くことが可能です。

しばらく聞いてみた感想としては、クリアで聞き取りやすい音でありながらも低音の迫力がありかっこいい音でした。

バスドラなんかはまるで生で聞いているかのような迫力があり、聞いていて気持ちがいいですね。

全体的には柔らかい音の印象があり、長い時間聞いていても疲れにくいと音になっているなと感じました。

また標準イヤーピースに加えて、SpinFitのイヤーピースが3つ付属しているため自分に合ったイヤーピースを見つけやすいです。

自分に合ったイヤーピースは音をさらに良くしてくれるので、たくさんの種類の中から選べるというのは素晴らしいですね。

装着感がいい

これ個人的には MS-TW3で一番気に入っているところで、めちゃくちゃ装着感がいいです。

もちろんこれは人によって個人差があると思うので何とも言えないところではありますが、カナル型のイヤホンって長時間つけていると疲れやすかったりします。

でもMS-TW3は長時間つけていても疲れにくく、さらに音質のところでも述べたように長時間聞いても疲れにくい音なので長い時間使いたいって方にはおすすめです。

SpinFitのイヤーピースも装着感がいい一つの要因になっていると思います。

ms-tw3 音質

ただ一つもったいないのは、白色のイヤホンならイヤーピースも白色にしてほしかった!!!

標準のもう一つのイヤーピースは白色でかっこいいのに、SpinFitのイヤーピースは白色です・・・

これは個人的にMS-TW3で改善してほしい点です。

バッテリー長時間&タッチセンサー

バッテリーはイヤホン単体で10時間、充電ケース込みで60時間と超長いです。

一日通勤で2時間ほどしか使わないのなら、1か月は使える計算になります。

イヤホン単体で10時間使えるので、朝から夜までオンライン講義で使うといった場合でも十分に使うことができるバッテリー量になっていますね。

個人的にはタッチセンサーも使いやすくて好きです。

誤動作が多くて困るといった意見もあるようですが、物理ボタンだと押したときに耳の中に圧がかかるので個人的にはタッチセンサーの方が好きですね。

防水機能が素晴らしい

MS-TW3は防水機能がIPX7となっています。

IPX7は一時的(30分)に一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない

規格のことで、つまりちょっと濡れたぐらいじゃ全然大丈夫です。

しょーこのアイコン画像しょーこ

じゃあお風呂で使っても大丈夫なの?

という質問を聞きますが、一応使用はできるようですがあまり勧められてはないようです。

石鹸などが入ってもいけないので、お風呂では使わない方がいいですね。

でも雨が急に降ってきたりしても大丈夫ですし、運動後に汗で汚れたイヤホンをそのまま水洗いできるのでMS-TW3の防水機能は素晴らしいです。

オンライン講義で使ってみた感想

音楽を聴くためのイヤホンとしてなかなか良い性能のMS-TW3ですが、オンライン講義で使ってみた感想についても述べていきます。

今まで4つワイヤレスイヤホンを使ってきたのですが

  • 長時間は疲れる
  • こちらの声が相手に聞こえにくい

といったことがよくありました。

カナル型のイヤホンが個人的に好きなのですが、やはりオンライン講義となると長時間使用する必要があるため疲れてきてしまうということが多かったです。

その点、MS-TW3は装着感もよく、音も聴き疲れしにくいので長時間のオンラインでの講義や会議には向いていると感じました。

声が通りにくいということに関しては、完全ワイヤレスイヤホンはマイクが耳の部分にあるため、相手に声が伝わりにくいということがありました。

しかし友達に手伝ってもらい、MS-TW3で会話をしたところ、今までの完全ワイヤレスイヤホンのような聞こえづらさはなく、明瞭に聞こえると言っていただけました。

音の遅延もさすがに音ゲーなどをすればありましたが、会話では特に感じませんでした。

MS-TW3の微妙な部分

MS-TW3の良い点を紹介していきましたが、いくつか不満な点もあります。

  • SpinFitのイヤーピースの色
  • タッチセンサーの誤操作
  • microUSBでの充電

先ほども述べた通り、白色のイヤホンなのにSpinFitのイヤーピースが黒色なのがほんとにもったいない!!

これが白色なら完璧レベルのイヤホンでした。

タッチセンサーの誤動作は個人的にはあまり気にならないですが、感度がいい分イヤホンを付ける外すの動作の時にタッチして誤動作してしまうこともあるようです。

またもう一つの欠点はUSB-Cに対応していないことです。

現在のガジェットはUSB-Cに統一され始めてきているので、一つMicro-USB製品があるとめんどくさかったりします。

ワイヤレス充電にも対応していないので、micro-USB使うしかないところは欠点かなと思います。

ただ音質や会話で使うなら申し分ないイヤホンになっているので、おすすめです。

コメント

コメントする

目次
閉じる